どんな選択も意外と家に溶け込むと知った

PR|ビジネス英会話をオンラインで学ぶ|会社経営のセミナー|女性向けシェービングサロン|ニキビ跡を消す|留学de楽しもう!LEDライトに蛍光灯を交換して明るい省エネ生活枚方市でZEHの注文住宅耐震に強いテクノストラクチャー |

注文住宅の楽しさは、壁紙一つとっても各部屋で選べるという楽しみがあるところでしたね。建売住宅は引っ越しもスムーズですぐに新生活を始めることができますし、見学だってワクワクしました。でもやっぱり自分たちも家を作る一員だと感じられるところは注文住宅の魅力です。

この選べる自由ですが、家を建ててみて意外とあんなに悩む必要はなかったなと思ったことが多々あります。一つは先にも触れた壁紙です。カタログを見ると、同じ白ベースでもかなり色味に違いがあるように思ったのですが、いざ部屋にはり巡らされると全部一緒に見えました。人間の目って不思議ですね。広い空間にはられると色の詳細を感じなくなるみたいです。各部屋の壁紙の色をガンと変えてしまうと統一感がなくなるかなと思って慎重に選んだのですが、あそこまでそれぞれが悩む必要はなかったなと思います。

同じく個室ではドアやフローリングの色だって、3種類の中から選んでも言われなくては色の違いに気づかないほどです。確かにカタログの中では違ったはずなのに。私が鈍感なだけかもしれませんが、意外と統一感はどれを選んでも出るようにできているのだなと思いました。モデルハウスは色を統一してあったりするので、すぐ近くで色の違いを確認する機会を探すのは重要ですね。うちの場合は結果オーライです。

あとはまあ、意外と内装で悩んでも、半分以上家具が持って行くということがわかりました。照明は決められると言っても、よほど頻繁に上を見ない限りそこにあるのが当たり前状態になります。何もない部屋に机やタンス、ベッドがあればどうしてもそっちに目が行くので、家の作りはあまり気にならないなというのが正直な感想でした。北欧家具など、おしゃれなものを取り入れたいなら余計そうなると思います。暖炉を導入するならともかく、家具が立派なら家のオプションは削っても全然イケると思います。その分浮いたお金を家具に回すという手もありですね。

<Special Thanks>|お宝相互リンク|SEOアクセスアップ相互リンク集|


コメントを残す