クーリングOFFについて

「1人暮らしをしている田舎の親が、高齢者でよくリフォームのことも分からないことにつけこまれて悪徳業者に騙されたようだ」
しばしばそのようなご相談も業界内でも耳にしますが、このようにうっかりリフォーム契約をしてしまった後でも、クーリング・オフ制度を使えば契約を破棄することができます。

ただし、その場合は契約書面を受け取った日を含めて8日以内であることが条件。この日数を超えてしまうとこの制度は使うことができませんが、そうでなければ無条件で契約をなかったことにすることができます。

もちろん、すでに工事が始まっていても同様ですし、工事が完了していても無効にできますの。費用を支払っている場合でも、クーリング・オフ制度を使えば、こちらも無条件で全額が返金されます。

仮に悪徳業者の騙されたということでなくても、時間が経ってよく考えてみたら「必要のないものを購入してしまった」という考えに至ることはよくあります。そのような場合には、クーリング・オフ制度を利用して契約を解除しましょう。

オススメ英会話⇒ http://www.revo.gr.jp/about


コメントを残す