一戸建ての未建築物件を購入する際の注意点

金額に対してはいろいろな考え方がありますので、正解はありませんが耐震住宅や注文住宅を建てる場合は、特に注意することも沢山あります。
値段の交渉は、実際に確定しているものであれば、工業商品を購入するような考え方も当てはまりますが、住宅に関しては、住宅そのものでの金額交渉は避けた方が懸命なケースが多く報告されています。
まず、金額を構成している内容を確認されてください。

どこにいくらかかっているかが不明瞭なケースは、金額を下げることイコール、グレード(材料コストや職人等人件費)を下げることになります。わからないところでの金額の差が出ることは、マイホームでは大変怖いことになります。金額の構成がわかれば、値段の交渉したり工業商品(キッチンやドア等の住宅設備)を安いものに変更することで金額が多少なりとも変わります。多少なのは、建築会社の場合、年間の施工棟数によって、商品の価格がほぼ決まっており、個人で購入するよりも仕切り価格が下がっているケースが大半です。それゆえ、商品のグレードを下げても大きく価格はさがりません。かえって、販売個数の少ないものを選ぶと価格が上がることもありえます。建物の金額は、材料と施工関係者の金額で決まりますので、値段が安ければ安いほと、値段なりということになりますので、担当する営業マンとよく相談の上、金額の交渉を行うようにされてください。ただ単に安くしてでは、本末転倒の結末が待っています。


Comments are closed.