憧れのZEH仕様の家

家の設計の際、ZEHは多少意識しました。太陽光発電を屋根に設置してオール電化にとも検討し、実際見積もりも出してもらいました。ただ、色々検討していく結果、最終的にはオール電化でなく、ガスレンジ、ガス給湯器を設置することにしました。
確かに、ZEHは憧れます。自分達の使用する分の電力を創り出すのは、エコですし、エネルギー不足対策に繋がると思いました。これからの時代、もっとエネルギー不足が問題になってくると思われるので、各家庭がエネルギーを生み出していくことが、ますます重要になってくると思います。政府としても、2020年までにこのZEHを標準の新築住宅として実現を推進しているようです。そのため、援助金などがあることも知っています。
しかし支援があると言っても、それらの設備を整えるには、かなりの費用がかかり、自己負担額も大きいです。見積もりを出してもらった時、ZEH仕様にした場合とそうでない場合の金額差はかなりありました。エコ対策も重要だとはわかっています。しかし、予算のことを考えると、残念ながらZEH仕様の家づくりは断念せざるをえませんでした。
もう少し政府からの支援が充実してくれば、もっとZEH仕様の家づくりを実現しやすくなるのかなと思いました。


Comments are closed.