結果的にわが家はエコ住宅かも

わが家はとくだんにエコ住宅を意識したわけではなかったのですが、しかし結果的に今、エコ住宅になっていると思います。わが家は注文住宅で建てた高断熱高気密住宅です。高断熱高気密住宅にしたのは、エコ住宅を意識してのことではなく、単純に「高断熱高気密住宅は屋外の温度に左右されることが少なく、部屋の中の温度を一定に保ちやすいので快適ですよ」と聞いたからです。しかし、それが結果エコなんです。

屋外の温度に影響されず、室内の温度が一定に保たれやすいということは、冷暖房に影響します。少しの稼動で温度が一定に保たれるのですから、結果としてとてもエコロジーでしょう。現に、わが家の電気代は暑い夏場において、アパートでの生活の時と比べると、ガクンと低くなっていますから。アパートの間取りの問題もあるのですが、夏場なんかはフル稼働で冷房を使っていましたからね。

しかし現在の一戸建てマイホームは、ほぼ一室空間タイプの間取りということもあって、空調の管理がしやすいのです。そして少しの冷暖房の稼動で部屋の温度が快適になるので、とても気に入っています。そして結果エコ住宅です。


Comments are closed.