オール電化のデメリットってあるの?

生活スタイルに合わない使い方をすると電気とガスを併用するよりも光熱費が上がる場合があります。
機器代が通信販売、訪問販売といった販売方法によって大きく異なります。
電気給湯機に水を貯める為の貯湯タンクの設置場所や熱源機が必要になってきます。
一度オール電化の設備の住宅を建ててしまうと、改築しないとガスに変える事ができません。また、住宅を電気のみにしてしまうと、ガスとのエネルギー間競争を止めてしまう事になってしまい、電力会社の独占力ますます強める事になってしまいます。そして何よりも電力会社によって住宅一戸丸ごとに対する値段の割引を定めているという事は、まさに将来的な独占力を強化する為の目論む反競争的な行為と思われます。
東日本大震災において電気給湯機の貯湯タンクの転倒が起こってしまい、貯湯タンクの供給を不足させてしまう事によって、電気水道が復旧した後にすぐにはお湯を使う事が出来ず、何カ月にもわたって温水を使用する事が不可能になってしまう事例が発生しました。

PR|意外に知らない制震と耐震の違い|


コメントを残す