保険も住宅もなぜリフォームをしたいのかを知る

住宅も保険もそうですが、リフォームを行う前には、どのような理由で、どんなリフォームを行いたいのかを紙に書き出すと、その後リフォームを具体的にすすめていく上でも非常に便利です。またこの時のメモには、築年数に伴う老朽化や建材の劣化がある可能性も考え、メンテナンスが必要であると想定される場所も合わせて書き出してみることをおすすめします。

たとえば水まわりならキッチンやバスルーム、トイレ、洗面所など。また屋根や外壁の塗装はがれやひび割れ、床下や内壁の劣化や腐食など。

http://alldenkajuutakunisumou.info/

リフォームの際にはこうした経年劣化が懸念される場所についてもチェックしたもらい、もし不具合など見つかった場合には一緒にリフォームをしてしまったほうが手間も1度ですみますし、費用も安くなる場合があります。

またリフォームをするにあたっては10年後に家族の生活がどのように変化しているか、自分のライフスタイルはどう変化しているかなどをイメージし、できるだけその変化に対応できるような作りを考えるといいでしょう。


コメントを残す