太陽光発電の発電量

太陽光発電システムの設置については新築であるひつようはなく、いまの段階で既に建っている住宅でも、リフォームによって導入することができます。では自宅にソーラーパネルを設置した場合、どの程度の発電量が得られるのでしょうか。
この測定には基準が決められており、世界共通の指標となっているのですが、日本の場合は住宅太陽光発電の平均設備容量は4キロワット。1キロワット分のソーラーパネルを用いた設備では、年間の発電量は約1000キロワット程度といわれています。しかしこれはあくまでも目安であって、実際にはどのような環境で発電するのか、日照時間の長さや屋根の傾斜などによっても変わってきますので一概には言えません。もちろん、地域差だけでなく、同じ場所でも季節によって違いが生じることはいうまでもないことでしょう。
みなさんがお住まいの地域ではどの程度発電できるかというのは、インターネット上にシミュレーションサイトもありますので、それらを参考にしてみるのもいいでしょう。


コメントを残す